[使い方] 3 ロガーを購入しよう!

ロガー購入前に、お使いの環境でLAP+が動くかをチェックしましょう!
注意点として、次のような物があげられます。
・Windows 2000環境では動きません。
・Windows XPは .net framework 2.0 sp1 以降が必要です。(今からなら、sp2 の方が良いのかな)
・Atom、Celeronな環境ではGPSロガーからPCにデータ転送するのに、時間がかかる為お勧めしません。

ロガー購入前にLAP+をダウンロードし、ランキングにてご厚意により公開していただいているデータをお借りして、ソフトの使い勝手を確認してみる事をお勧めいたします。

データ量が多くなるサーキットユーザ様は、出来ればCore 2以降のCPUを搭載したPCを用意しましょう。(快適さが全く変わります)
ジムカーナ、ダートラ等であれば、データ量が少ないのでAtomが主流のネットブックでも十分に利用可能です。

地味で簡素な画面表示のLAP+ですが、ネットブック等の小さな画面でも不便無くご利用いただけるように、効率的な画面配置を心がけた結果、簡素な画面になっています。(地味・・に、見えるのには理由があります・・笑)

詳細な説明は続きからどうぞ

 
LAP+が推奨するロガーは主に次の二つ。
・Transystem 747Pro
・Transystem Photomate887

です。大まかにはサーキットユーザ様は747Proを優先しつつも好みによって、Photomate887を使う事も良いでしょう。ジムカーナ、ダートラ、ラリーに関しては747Proを中心に検討した方が良いと思います。

Photomate887と比較し、747Proが優れている点
・GPSアンテナの受信感度が良い
・バッテリが長持ちする。
・電源、モード操作が簡単
・蓄積可能なデータ量が多い
・メーカー側で5Hz動作を保証している
・バッテリが空になっても5Hzを維持する(Photomate887は1Hzに戻ってしまう)

Photomate887と比較し、747Proが劣っている点
・やや大きい
・1000円ほど高価

では具体的な利用状況に応じて、どちらのロガーを購入すべきかを見てみましょう。

ミニサーキット、周辺に切り立った崖があるサーキット
車速があまり高くなく、かつ、GPSの受信状況に不安が生じる事が想定されますので、747Proがお勧めです。
ストレートで150km/h以上の車速がでるようでしたら、747Proが受ける空気抵抗が心配になりますので、より小さなPhotomate887の方を優先した方が良いでしょう。

大型サーキット
周りが開けていて電波受信状況の心配も少なく、車速が高くなる事も想定される事からPhotomate887を優先した方が良いでしょう。

ジムカーナ・ダートラ・ラリー
車速がサーキットと比べて高くなる事が少なく、GPS受信状況に配慮が必要な状況が多いこれらの競技では、747Proがお勧めとなります。練習会などでは1日中電源を入れっぱなしにする事もあり、電源面でも747Proがお勧めです。

ロガーの購入は是非、下のアフィリエイトリンクからお願いいたします。フリーソフトではありますが、以下のリンクからご購入いただく事で数十円程度、dp3に還元していただいております。m(_,_)m


LAP+推奨ロガーはこちらから!(楽天のサイトへ)

2012.4.12追記
dp3でもロガーの販売を開始しました! dp3でご購入いただくと、開発者本人によるLAP+の導入メールサポートが付きます。


747Pro Transystem社製 GPSロガー 拡張ソフトウェア「LAP+(ラプラス)」対応版



軽量、コンパクト Photomate887

[ LAP+ のページに戻る ]