[ノウハウ] 1 横Gグラフでボトム車速を底上げし、タイムアップしよう!

ここで言う「ボトム車速」とはコーナリング中の最低車速の事です。

コーナリング中の最低車速はそのままストレートでの最高速に、ひいては、ラップタイムに直結する重要な項目です。

1.2km/h 車速を底上げするだけで、0.1秒タイムアップする

例1) 鈴鹿サーキット R35 GT-R
鈴鹿サーキットで考えてみましょう。有り難い事にR35 GT-Rのデータを公開していただいておりますので、そのデータから試算してみます。
スプーン~130Rに至る加速区間の所要時間: 16.2秒
何かしらの工夫で最低車速が1.2km/h底上げ出来たとすると、生じる距離の差は約5.4m

5.4mという距離差が計測ライン付近の平均車速(180km/h)で通過するのにかかる所要時間は、
・・・ 0.108 秒 となります。

例2) ジムカーナ
続いて全く異なる例で、ジムカーナの場合はどうでしょうか? ジムカーナでは全開区間は比較的短いのですが、ゴール通過時の車速が低い為、その影響は予想以上に大きな物となります。

最大加速区間: 3秒 と仮定する。
加速区間で工夫により、最低車速を1.2km/h底上げしたとすると加速区間により生じる距離の差は約1m
この1mの差をゴール通過時の平均車速で精算する為、ゴール通過時の平均車速を30km/hとすると、所要時間は、
・・・ 0.120 秒 となります。

事実、1.2km/h最低車速を底上げする事で、コーナー1つだけで0.1秒もタイムアップ出来ます。

では、どうすれば車速を底上げする事が出来るのでしょうか?
詳細は続きからどうぞ

着目すべきは横Gのゼロクロス


ここで着目すべきは横Gのゼロクロス付近の歪みです。
 
ゼロクロスの歪みは、何を意味しているのか? もちろん、フルブレーキで制動中であれば歪みは仕方がないのですが、制動Gが1G未満であれば減速旋回もしくは加速旋回することが出来ると考えられます。特にスポーツABSが搭載された車両であれば尚のことです。 つまり、それほどまでに強い減速Gがかかっていないのであれば、コーナーとコーナーのつなぎでタイヤを余らせてしまっていると考えられます。

もっとかみ砕くと、手前のコーナーもしくは、先のコーナーの旋回半径をもう少し大きくとって、脱出車速もしくは進入車速を高めても、コース内にとどまる事が出来る。という可能性があるのです。

コーナーへのアプローチが単純である場合、大抵はアウトインアウトをきっちりとこなす方が大半だと思います。ですが、複合コーナーの場合はいかがでしょうか? つい、先に見えたコーナーにまっすぐフル加速もしくはフルブレーキをしていませんか?
きっちりとコース幅を使う事を忘れたり、または誤った方向でコース幅を使い切っていませんか?

コーナー後の加速区間が長ければ長いほど、ボトムスピードの恩恵は大きくなります。そのようなコーナーの手前では、たとえ1cmでも旋回半径を大きくとりボトム車速を0.1km/hでもあげる事が、タイムアップにつながる事になります。

普及価格帯にありユーザ数が多いGPSロガーの中で横Gまで出す事が出来るのは唯一、LAP+だけです。

LAP+には、互換性のあるロガーをお使いの方であっても、あえてフリーソフトのLAP+を使うだけのメリットが十分にあり。実際に切り替えているユーザ様もお見えなのです。


[ LAP+ のページに戻る ]


LAP+推奨ロガーはこちらから!(楽天のサイトへ)