LAP+を試すには

まずはソフトを体験してみましょう

2016年5月現在、LAP+には以下のソフトウェアがあります。

  • LAP+View.net (Windows用 要 .NET Framework 2.0sp1以降)
  • LAP+Android for 747Pro, Photomate 887, dig-spice 1
  • LAP+Android for GL-770, dig-spice3
  • LAP+Correct (Windows用軌跡自動補正・圧縮)

この中で、LAP+View.netは購入前にお試し頂くことが出来ます。

LAP+View.netセットアップの事前準備

LAP+View.netをお使いいただくには、.NET Frameworkのセットアップが必要です。

Windows 8.1、Windows 10の場合

.NET Framework2.0 sp1以降が動作する環境が必要です。初期状態のWindows10にて必要な操作はこちらを御覧ください。

Windows Vista、Windows 7の場合

.NET Framework4.0以降が動作する環境が必要です。Microsfotのダウンロードページより入手してセットアップを行って下さい。

LAP+View.netのセットアップ

LAP+View.netのインストーラはページ右側のリンクよりダウンロード頂けます。


1.インストーラをダブルクリック

2.実行をクリック

3.次へをクリック

3.閉じるをクリック

デスクトップ上にLAP+View.netのアイコンが作成されます。

サンプル・データで試す

サンプルデータは、こちらからダウンロード頂けます。ZIP形式で圧縮されておりますので、必ず解凍して(意味がわからない場合は、dp3ファイルをZIPフォルダの外に出して)からお使い下さい。

走行軌跡の表示

解凍した走行ログをダブルクリックすることでLAP+View.netが起動します。


Excelの表な表形式部分の「行」をダブルクリックする事で軌跡が表示されます。


1ラップずつ分割するには、コース上を右クリックし、「光電管追加」を選択します。


分割したいラインの両端を左右、それぞれ1回ずつクリックします。


分割確認の画面が表示されますので、「はい」を選択します。


1ラップずつのデータに分割されます。


記録タブをクリックすることで、タイム順にソートされます。


あとは、分析したいデータを1つずつ、行をダブルクリックする事で軌跡・グラフが表示されます。

コース図を表示するには

コース図をご利用頂くにはユーザ登録が必要です。ユーザ登録の目的は利用者数の把握と、今後の機能開発時にソフトウェアの利便性を高めることを目的としております。

 

おすすめ