LAP+Androidのセットアップ

LAP+Androidのセットアップ

LAP+Androidは2013/01/09現在、Google Playではなく自前のサーバに設置している「野良アプリ」と呼ばれる状態にあります。その為、セットアップの際にはAndroidの設定で「提供元不明のアプリ」のチェックをOnにする必要があります。

LAP+Androidは、Android2.1 & Google APIを前提としております。Google Playに非対応なAndroid(いわゆる中華Padの類)では正常に動作しないと思われますのでご注意下さい。

LAP+Androidのパッケージは以下のURLから入手できます。Androidでアクセスし、インストールを行って下さい。

747Pro、Photomate887、初代デジスパイス用 Android 2.1以降
http://blog.dp3.jp/apk/cr/cr_0.17.apk

GL-770、デジスパイス3用 Android 4.3以降
http://blog.dp3.jp/apk/cr/cr_0.18_GL770.apk

アプリケーションのセットアップ

設定をタップします。

提供元不明のアプリのチェックをOnにします。

OKをタップします。

本来、むやみに提供元が不明のアプリケーションをインストールする事は、全くお勧め出来ません。今回この方法を採るのはLAP+Androidの開発者の素性が明らかだからです。Google Playに公開していないのはLAP+Fourの時に強引なBluetooth対応を行ったためGooglePlayに登録出来なかった経験があり、その名残です。次期バージョンからはGoogle Playで公開する予定です。

LAP+Androidの起動

LAP+Androidのセットアップが完了しましたら、早速ソフトを起動します。お持ちの747Pro、Photomate887、初代デジスパイス(デジスパイス2は不可)をログモードで起動してから、LAP+Androidを起動します。

AndroidのBluetoothが無効の場合、確認画面が表示されますので、はいをタップして下さい。

起動直後はBluetoothGPSとの接続履歴がないため、待機状態になります。

この画面が現れましたら、BluetoothGPSと接続するため、メニューを開きます。(タスクキー長押しもしくは、ボリュームキーでメニューは開きます。)

メニューからBluetoothを選択します(Android 4.3以降の場合、ボリュームキーでも開きます

最初はBluetoothGPSが表示されないかもしれませんが、しばらく待ちます。

一覧に目的のGPSが表示されましたら、タップし、PINコード「0000」を入力します。接続に功するとGoogleの地図表示が現在地に切り替わります。

次回以降は、BluetoothGPSの電源が入っていれば自動で接続を行いますので、今回の接続手順は不要です。

トラブルシューティング

おすすめ